2015年06月


Sinnän başqa


Qaytqan sayın tuğan yaqlarıma

帰る度に生まれた場所

Ezläp töşäm bezneñ ziräkne

探しておりていく私たちの方向を

Çişmälärneñ salqın suları da

泉の冷たい水も

Basa almıy yañğan yöräkne

止めることが出来ない熱くなった心を



Sinnän başqa belmim nişlärgä dä

君の他に知らない 何をするかをも

Qaya quyıym yalğız canımnı

どこに置こうか一人の心を

Awır ikän duslar bu dönyada

大変だった友達たちこの世界で

Awır ikän duslar bu dönyada

大変だった友達たちこの世界で

Yuğaltular söygän yarıñnı

無くしたことは愛した恋人

Yuğaltular söygän yarıñnı

無くしたことは愛した恋人



Tınıp qalğan awıl uramnarı

静かのままだった村の通り

Sin bulmağaç sıqrap can sıza

君がいないとチクチク痛む心が熱い

Yäşlektäge kebek bäğrem qabat

若い時のように恋人再び

Yögerep çığar kebek qarşıma

走って出てくる様だ私の目の前に

 00

フィンランドのタタール人(2)
「Arxitektor Pärwin İmadetdin (Helsinki)」-2

Finland 2


Kibet totu Finlandiyadä yäşäwçe Tatarlarnıñ qanındadır möğayen.

Kibet totu=店を経営する yäşäwçe =住んでいる qanında=血の中に möğayen=おそらく



Kübräk dizaynğa interesım (qızıqsınuwım) bulğan läkin, biznesqa da interesım bulğan, äle här ikesene dä berläşterdem kebek.

Kübräk=更に多く dizayn=デザイン interesım (qızıqsınuwım) bulğan=興味があった läkin=しかし biznesqa=ビジネスに här ikesene =二つ共をも berläşterdem=一緒にした kebek=ようだ

Minem öç kibetem bar xäzer Helsinkidä, häm barısı da beraz dizayn kebek.

xäzer =今 barısı da =全て



Arxitektura häm dizayn ğailä biznesı disäñ dä bula.

Arxitektura=建築 ğailä =家族 biznes=ビジネス disäñ dä bula.=言ってもよい

Ütkän tapşırularnıñ beresendä bez Pärwin xanımnıñ bertuğanı Fadilä häm Räşil ğailäse turında söylägän idek.

Ütkän=以前 tapşıru=番組 beresendä =一つで bertuğanı =兄弟 turında=について söylägän idek=話しました

Alarnıñ qızları Hıyal dizayn belän şöğıllänä.

Hıyal=人名 dizayn belän şöğıllänä=デザインを職業としている

Ul yasağan otkrıtkalar Aylin kibetendä satıla.

yasağan otkrıtka=作った絵はがき satıla=売っている

Ä Pärwin xanım belän alar här daim aralaşıp tora. Urtaq proyektlar başqara.

här daim=いつも aralaşıp tora=関わり続ける Urtaq proyektlar =共同のプロジェクト başqara=実現している



Ul tağın minnän nider sorıy, min añarğa cibäräm. Äytik, bik şundıy, bergä eşlibez inde.

tağın=また minnän nider sorıy=私から何かを頼む cibäräm=送ります Äytik, bik şundıy=言わば、つまりは bergä eşlibez inde.=一緒に働いています。

Tağın yaxşıraq bulır ide, kübräk Tatarlar belän şulay.

Tağın yaxşıraq bulır ide=もっと良くなるだろう

Minemçä Helsinkidä kübräk arxitektorlıqqa uqısınnar, interior arxitektorlıq, dizaynerğa. Min xäzer ük eşkä alır idem.

Minemçä=私にとって uqısınnar=勉強させてください xäzer ük=今すぐに  eşkä alır idem=仕事に雇うだろう



Pärwin xanım yaratqan eşe turında ber tuqtawsız söyli ala.

yaratqan =好きな ber tuqtawsız=止めどなく

Anıñ ofisendä üze kebek arxitekturağa, dizaynğa ğaşıyq bulğan keşelär eşli.

Anıñ ofisendä=彼女のオフィスで üze kebek =自身のように ğaşıyq bulğan=愛している

Ofise zur tügel. Maxsus zuratmıy, keşelär sanın arttırmıy.

Maxsus =特別に zuratmıy,=大きくしていない keşelär sanın arttırmıy.=人の数も増やしていない

Çönki keşe kübräk bulsa, icatqa urın qalmıy.

icatqa urın qalmıy=発明に場所が残らない

Min barı citäkçe-administratorğa äylänäm di ul.

citäkçe-administrator=責任・管理者 äylänäm=戻ります 

Bezneñ ofis bik demokratlı. Küräsez monda, barıbız da ber nidä utırabız, kübräk ğailä kebek.

ber nidä utırabız=何かの上に座っています

Bezneñ monda kovyorlar bar, küp törle uñaylı lampalar bar.

kovyor=絨毯 küp törle =色々な種類の uñaylı =便利な

Baytaq küp aşıybız monda, eşlibez, söyläşäbez.

Baytaq küp=相当にたくさん

Äytsäm äytim, böten keşelärneñ ğailälären tanıym, balaların beläm, problemnären beläm, yaxşı xällären beläm.

Äytsäm äytim=言わば言うと böten keşe=皆 tanıym=知っています

Ämmä, min üzem dä şulay. Min tege, awır waqıt bulsa, min bik ciñel yarsulanam. Bar da yärdäm itälär. Min şulay uq alarğa.

yarsulanam=怒ります şulay uq=同じく



Bar başlanğıçta da iñ töp yärdämçe älbättä Pärwin xanımnıñ xäläl cefete Adnan.

Bar başlanğıçta=全ての始まりでおいて töp=一番の、基本の yärdämçe=援助者  älbättä =勿論 xäläl cefete =配偶者 



Bik bäxetle buldım ğailä belän Umrağa bara aldıq, (nigä) Mäkkägä.

bäxetle =幸せな Umra=ウムラ(小巡礼、en:Umrah) 

Şul waqıtnı qaradıq şul mäçetlärne dä, min bik yarattım, bigräk tä Mädinäneñ äl-Xaram mäçeten.

bigräk tä=特に

Ul, alay da elekke zamannıñ arxitektura belän äyterseñ arttırılğan, eşlängän.

elekke zaman=古い時代 arttırılğan=強化された eşlängän=処理された



Pärwin xanım ‘Järvenpää’ mäçete tözekländerüdä qatnaştı. Üze dä mäçet tözergä xıyallana.

ヤルヴェンパー=フィンランドのJärvenpää tözekländerüdä qatnaştı=改修に参加した tözergä xıyallana.=作ることを夢見ている



Alla yazsa, tormışta äle niçä yıl bulsa, bälki şulay äkerten (äkrenläp) genä anı buldırırmın.

Alla yazsa=神が許すならäkerten (äkrenläp)=ゆっくりと anı buldırırmın.=それを行うだろう。

Annan, minem uyım bulır ide - anı ağaçtan eşlärgä, sälämät yort bulırğa, dönyanı pıçratmıyça eşlärgä.

Annan=その後 minem uyım bulır ide=私の考えがあった sälämät yort =健康な建物 pıçratmıyça=汚さずに 

Ber taştan eşlängän mäçetkä bik soqlandım. Ul modern, ul Roma şähärendä, anı eşlägän İtalyan arxitektor Paolo Portoghesi. Ul bik tanılğan.

soqlandım=驚いた tanılğan.=有名

Romadağı mäçettä alar baytaq küp qullandılar, ul Paolo Portoghesi qullanğan Tunistan da, Marokkodan da iskedän möselman qul belän eşlägän keşelär, fayansta da, pıyalada da.

qul belän eşlägän=手で作業をした fayansta =タイル pıyalada =ガラスも

Ämmä, anıñ bik qızıq niye bar: älege dönyanıqı, iske dä yaña da şulay bik bergä kiterelgän.

bik qızıq niye bar=とても面白い事がある älege dönyanıqı=現在の世界にある bergä kiterelgän=一緒に持って来た。

Andıyğa minem köçem ber kön citsä ide, bik şat bulır idem.

Andıyğa=そのように şat bulır idem=とても満足するだろう。



Balaçaq xıyalları ğına tügel, olı keşelärneñ dä xäyerle xıyalları çıñğa aşsın ide.

 ğına tügel =単に ではない、 olı keşe=大人 xıyalları çıñğa aşsın ide.=夢が実現すればである

4

起点をあらわす語尾(・・から)






最後の音節の母音

母音
有声子音の後

f,s,t,k,q,ç,ş,x,pの後

n,m,ñの後



a , ı , o , u

dan

tan

nan



ä , e , i , ö , ü

dän

tän

nän



qaydan? どこから?





1

baqçadan

庭から




2

öydän

家から




3

sınıftan

教室から




4

mäçettän

モスクから




5

balalar baqçasınnan

幼稚園から




6

Alsunıñ öyennän

アルスの家から




7

sınıfınnan

彼の教室から




8

Tokyo mäçetennän

東京モスクから




9

qaydan qaytasıñ?

どこから帰りますか?




10

qunaqtan qaytam.

お客様から帰ります。




11

mäktäptän qaytam.

学校から帰ります。




12

Qazannan kildem.

カザンから来ました。




13

Istanbuldan bulam.

イスタンブールからになります。(イスタンブール出身です)





kemnän? だれから?





1

minnän

私から




2

sinnän

君から




3

annan

彼から




4

bezdän

私たちから




5

sezdän

あなたから




6

alardan

彼らから




7

kemnän aldıñ?

だれからもらったのか?




8

kemnän qurqasıñ? äniyeñnänme, ätiyeñnänme?

誰が(から)怖いですか?お母さんか?お父さんか?




9

Abıyımnan qurqam.

私のお兄さんが(から)怖いです。




10

Apamnan här ay xat kilä.

お姉さんから毎月手紙が来ます。




11

Minnän başqa barısı Yapon.

私の(から)他は全て日本人です。




12

Annan yärdäm sorama.

彼に(から)手伝いを頼むな。




:)

練習問題






…に適当な 「dan,tan,dän,tän」をつけなさい。





1

Qay…kildegez?

どこから来ましたか?




2

Äniyem kibet… qayttı.

私のお母さんは店から帰りました




3

Ul Amerika… kilde.

彼はアメリカから来ました。




4

Uquçılar mäktäp… qaytalar.

生徒は学校から帰ります。




5

Ul täräzä… qarıy.

彼は窓から見ます。




6

Sumkası… kitap çığardı.

(彼の)カバンから本を出しました。




7

Ätiyem eş… soñ qayta.

私の父は仕事から遅く帰る。




8

Min et… ber dä qurqmıym.

私は犬を(から)ちっとも怖くない。




9

Dustım… xat aldım.

私は友達から手紙をもらった。




10

Sin… xäbär kötäm.

君から知らせを待ちます。




不特定過去形






実際には見ていないことや、気づかないうちに起きた事、聞いたり読んだりしたことを伝えるとき






使う。「・・したらしい」「・・したそうです」の意味。






作り方:動詞の語幹に不特定過去形語尾「-ğan -gän -qan -kän 」をつける。






最後の音節の母音

母音
有声子音の後

f,s,t,k,q,ç,ş,x,pの後




a , ı , o , u

ğan

qan




ä , e , i , ö , ü

gän

kän




【ürnäk 例】






bar 行く

+ğan

barğan

行ったそうだ



bir 与える

+gän

birgän

与えたそうだ



yat 寝る

+qan

yatqan

寝たそうだ



it する

+kän

itkän

したそうだ



Kemgä? 誰へ 誰に






【ürnäk 例】





1

Kemgä qarıysıñ?

誰を(へ)見ますか?(君は)




2

Fäymägä qarıym.

ファイメを(へ)見ます。(私は)




3

Aña qara. Bik tiz yözä.

彼を見ます。とても早く泳ぎます。




4

Miña soraw birmä.

私に質問しないでください。




5

Siña ışanmıym.

君を(に)信じないです。(私は)




6

Bezgä yalğanlıy.

私たちに嘘を言う。(彼は)




7

Färitkä şaltıratabız.

フェリテに電話をします。(私たちは)




8

Bezgä kilmägez.

私たちに来ないで下さい。





※代名詞の場合は下記となる






min→miña

私→私に





sin→siña

君→君に





ul→aña

彼→彼に





bez→bezgä

私たち→私たちに





sez→sezgä

あなた→あなたに





alar→alarğa

彼ら→彼らに




:)

練習問題






…に適当な 「ğa、qa、a、na、gä、kä、ä、nä」をつけなさい。





1

Rinat bügen teatr… bara

リナットは今日劇場へ行きます




2

Uquçılar tänäfes… çığalar

生徒は休憩に出ていきます。




3

Aygöl kitapların sumkası…quya

アイギョルは本を(彼女の)カバンに入れます。




4

Uqıtuçı sınıf… kerä

先生は教室に入ります。




5

Balalar avtobus… utıra

こどもたちはバスに乗ります




6

Alsu Fuji tawı… qarıy

アルスは富士山を見ます




7

Ul taqta… yaza

彼は板に書きます




8

Bez bügen piknik… barabız

私たちは今日ピクニックに行きます。




9

Miläwşä öy… kerä

ミレウシャは家に入ります。




10

Taksi…utıralar

タクシーに乗ります。(彼らは)





代名詞に「へ」をつけましょう





1

(sin)… yış şaltırata.

君にしょっちゅう電話をかけます




2

(ul)… aqça biräseñme?

彼にお金をあげますか?




3

(bez)… aşarğa peşermi.

私たちにご飯を作りません(彼は)




4

(min)… kitap alıp kilä.

私に本を持ってくる




5

(sez)… bülägem bar.

あなたにプレゼントがある




6

(alar)… barırğa telim.

彼ら(のところ)に行きたいです。




3

場所をあらわす語尾(・・で、・・に)






- da -dä -ta -täは動作が行われている






最後の音節の母音

母音
有声子音の後

f,s,t,k,q,ç,ş,x,pの後

三人称所有接尾辞の後



a , ı , o , u

da

ta

nda



ä , e , i , ö , ü

ndä



qayda? どこで?






【ürnäk 例】






baqçada

庭で


öy baqçasında

家の庭で


öy

家で


anıñ öyendä

彼の家で


sınıfta

教室で


alarnıñ sınıfında

彼らの教室で


tänäfes

休憩で


anıñ tänäfesendä

彼の休憩で

:)

練習問題






…に適当な 「da,ta,dä,tä」をつけなさい。





1

berençe bit..

1ページ目に




2

açqıç işek..

鍵はドアに




3

yıraq… ber awıl bar

遠くにある村がある




4

çäç..

髪の毛に




5

töş..

夢で




6

tarix..

歴史で




7

kitap..

本に




8

kitapnıñ berençe bite..

本の1ページ目に




9

öyneñ işege..

家のドアに




10

anıñ çäçe..

彼の髪に




11

ul töşe.. mine kürgän

彼は夢で私を見たそうだ


※不特定過去形


12

ädäbiyät tarixı..

文学歴史で




13

tarix kitabı..

歴史の本で




14

ağaç… qoşlar utıra

木に鳥が止まる




15

äni öy… yuq

お母さんは家にいません。




16

mäktäp… aşxanä yuq

学校に食堂はありません。




17

Rawil avtobus tuqtalışı… avtobus kötä

ラヴィルはバス停でバスを待つ




18

balalar baqça… tup uynıylar

子どもたちは庭でボールを遊んでいる。





Kemdä? だれに? 誰の所に?





1

mindä aqça bar.

私にはお金があります。




2

sindä tatarça süzlek barmı?

君にタタール語の辞書はありますか?




3

anda kitap yuq.

そこには本はありません。




4

bezdä qunaqlar.

私たちにお客様が(いる)




5

sezdä kem bar?

あなた(のところ)には誰がいますか?




6

alarda maşina yuq.

彼らに車はない




7

Aysılu…betergeç barmı?

アイスルには消しゴムありますか?





第7課




2015.06.14

比較級、最上級






形容詞の比較級は「bik, nıq 」「形容詞+raq , räk」、最上級は「iñ」を使ってあらわす。 






比較したい「人・もの」に関する形容詞の前に「bik, nıq」「iñ」をつける。または「形容詞+raq , räk」をつける。






もっと〜、さらに〜=比較形






一番〜、最も〜=最上級






【ürnäk 例】






äybät keşe

良い人

形容詞+名詞




bik äybät keşe

もっと良い人

比較級




iñ äybät keşe

一番良い人

最上級




比較級は幾つかの言い方がある





1

bik äybät keşe

もっと良い人




2

nıq äybät keşe

もっと良い人




3

äybäträk keşe

もっと良い人




:)

練習問題






以下の形容詞を比較級 最上級へ変えて書きなさい







bik

nıq

- raq  -räk

1

qızıq kitap (面白い本)





2

yaña kiyem (新しい服)





3

ozın buylı malay(背の高い男の子)





4

tämle ipi(美味しいパン)





5

iske öy(古い家)





6

esse kön(暑い日)





7

salqın qış(寒い冬)





8

yäş qız(若い女の子)





9

taza yeget(太った若者)





10

matur räsem(美しい絵)











名詞につける様々な語尾

てにをは





名詞はその状況・状態によって、様々な語尾をつける。





1

何もつかない場合






名詞に何もつけないで、文をつくる場合。






【ürnäk 例】





1

Alsu qäläm ala

アルスはペン買います。




2

Läysän kitap uqıy

レイサンは本読みます。





日本語では、目的格の「を」が必要になるが、タタール語では直後に動詞が来る場合は必要とならない。





2

方向をあらわす語尾






名詞の語尾につけて、それに続く動詞の方向や目的語を表す。名詞の最後の母音が「a , ı , o , u」の場合 ğa qa 、






名詞の最後の母音が「ä , e , i , ö , ü」の場合 gä käをつける。






最後の音節の母音

母音
有声子音の後

kqçptの後

一・二人称単数の
所有接尾辞の後

三人称所有接尾辞の後


a , ı , o , u

ğa

qa

a

na


ä , e , i , ö , ü

ä


Qaya? どこへ






【ürnäk 例】





1

Qaya barasıñ?

どこに行きますか?(君は)




2

Mäktäp baram.

学校に行きます(私は)




3

Öy qaytam.

家に帰ります(私は)




4

Tokyoğa baram.

東京に行きます。(私は)




5

Kontsertqa barabız.

コンサートに行きます(私たちは)




6

Sabantuyğa baram.

サバントイに行きます(私は)




7

Restoranğa barırğa telim.

レストランに行きたいです。(私は)




8

Östäl quy!

机に置きなさい。




9

Maşinağa utırabız.

車に乗ります。(私たちは)




10

baram. 

仕事に行きます(私は)




11

Tokyo sabantuyına baram.

東京のサバントイに行きます。(私は)




12

Törek restoranına barırğa telim.

トルコレストランに行きたいです。(私は)




13

Rinatnıñ östäle quy!

リナットの机に置きなさい




14

Maratnıñ maşinasına utırabız.

マラットの車に乗ります。(私たちは)




15

Ätiyemneñ eşe baram.

私の父の職場に行きます。




↑このページのトップヘ