2015年09月

「私たちはタタール語を勉強しています。」
1919ー1921年頃、東京でタタール・トルコ人社会が形成されはじめた、この過程で渋谷の代々木地域にてタタール人学校、印刷所やモスクが建設されることとなった。タタール人学校は1960年代まで継続された。
54年後の今年東京のトルコ大使館文化部ユヌス・エムレ インスティトゥートにより新たにタタール語講座が開催されることとなった。
現在初級と中級講座の2つのクラスに構成された授業に合計20名の生徒が参加している。生徒の中にはトルコ語の学習者、言語学者、ユーラシア研究者などがいる。幾つかの授業にはタタール人移住者のお客様を招き、日本のタタール人の歴史についても教えて頂いている。
タタール語講座はタタール語の文法だけではなく、世界中の様々な地域で生活するタタール人の今日の状況、文学作品、伝統や歌などを勉強しながら広範囲の知識が得られるプログラムとなっている。タタール人の民族料理であるペレメッチ、ウチポチマックのようなパイの試食をすることもある。
タタール語講座は、カザン・タタール人である唐澤ギュルナラさんにより行われている。

10417830_1522827778008109_8208308240328915030_n12032985_1522827784674775_134353026722882704_n
12043096_1522827808008106_5726970202292451231_n

トルコ映画の巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン映画祭Nuri Bilge Ceylan Retrospectiveのお知らせ。
2015年9月29日(火)-10月3日(土)(5日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター
世界の映画祭が注目するトルコの映画作家ヌリ・ビルゲ・ジェイラン。 カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)受賞作『雪の轍(わだち)』が日本でも劇場公開され、一層の関心が集まっています。『雪の轍(わだち)』以前に作られた5作品を多彩なゲストによるトークも交え一挙上映 するそうです。面白そうですね!
Tokyo'da Nuri Bilge Ceylan Film Festivali yapılacak.
Tarih : 29 Eylül - 3 Ekim (5 gün)
Mekan : Athenee Français Cultural Center 03-3291-4339
Film : Kasaba, Bir Zamanlar Anadolu'da, Uzak, Üç Maymun, İklimler.
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/ce/ceylan.html 

kasabamonkeysusak2anatolia3climates2




【エルメロシ舞踏団公演のお知らせ】ウズベキスタン独立24周年記念イベントとしてウズベキスタン大使館が主催で、エル・メロシ音楽劇場によるウズベク音楽と舞踏コンサートが開催されます。秋の夜長に是非ご参加下さいませ!
独立24周年記念 ウズベキスタン・ウィーク・イン・ジャパン
日時: 9月28日(月) 開場: 18:30 / 開演: 19:00 / 終演予定: 20:30
入場料: 無料
定員400名収容出来るホールですので、ご家族、友人・知人お誘いの上お出で下さい!!
主催: 駐日ウズベキスタン共和国大使館 協力: 港区国際交流協会・日本ウズベキスタン協会
会場: 港区区民センターホール(地下鉄 赤坂見付駅または青山一丁目駅下車 徒歩10分 東宮御所前)
http://www.akasaka-civiccenter.jp/shisetsu/access.html12039590_1670406489863080_7004756960469961261_n


第11回詩フェスティバルがタタールスタンのカザン市で10月1日に始まる。
トルコ作家協会により1992年に始めてブルサで開催された「トルコ語国際詩フェスティバル」の第11回目、タタールスタンの首都カザンで行われる。
11. Şiir Şöleni Tataristan’ın Kazan şehrinde 1 Ekimde başlıyor
Türkiye Yazarlar Birliği tarafından ilki 1992 yılında Bursa’da yapılan “Türkçe’nin Uluslararası Şiir Şölen”lerinin on birincisi, Tataristan’ın başkenti Kazan’da yapılacak. 
詳細は下記リンクより
http://www.tyb.org.tr/turkcenin-11-uluslararasi-siir-soleni-kazanda-yapilacak-21932h.htm

 tataristan_afis_son-(688x1024)


Su anası
Cäy köne:  esse hawada min suda qoyınam, yözäm;
Çäçrätäm, uynıym, çumam, başım belän sunı sözäm.
Berwaqıt, kitäm digändä, töşte küzem basmağa;
Qarasam, ber qurqınıç xatın utırğan basmada.
Köngä qarşı yaltırıy qulundağı altın taraq;
Şul taraq belän utıra tuzğığan çäçen tarap.
Yaq-yağımda hiç keşe dä yuqlığın beldem dä min,
Çaptım awılğa taraqnı tiz genä eldem dä min.
“Äni, altın taraq taptım!” - didem;
“Susadım, ardım, äni, min bik ozaq çaptım” - didem.
Söylägäçten qıyssanı, aldı tarağımnı äni,
Qurqa üze alsa da, uylıy eçennän ällä ni..
Yaxşı, xuş. Battı qoyaş. Yoqlarğa yattım kiç belän,
Öy eçe tulğan ide kıçke hawa, xuş is belän.
Yurğan astında yoqığa kitmi yatam min haman,
“Şıq!” ta “şıq!” kemder täräzägä çiyertä berzaman.
 - Ni kiräk? Kem bu? Qara töndä waqıtsız kem yöri?
Närsä bar soñ tönlä belän, i pıçağım kergere!
- Su anası min, kiter, qayda minem altın taraq?
Bir! Baya köndez alıp qaçtı sineñ ulıñ, qaraq!
Su anasınnan qotılğaçtın tınıçlanğaç, äni
İ orıştı, i orıştı, i orıştı soñ mine.
min dä şunnan birle andıy eşkä qıymıy başladım,
“Yä iyäse yuq!” - dip, äyberlärgä timi başladım. 

↑このページのトップヘ