カテゴリ: ニュース Haberler

今年もタタールスタンブースを「第26回 国際交流INせたがや2018」に出展しました。タタールスタンブースは今年で6回目です。
Bu sene 6. kez olmak üzere, 26. Setagaya Uluslarası Medeniyet sergisinde Tatar medeniyeti tanıtılmış oldu.

IMG_1861


IMG_1893

ウズベクの友達と一緒にタタール料理の本を読みながら、お互いの料理の類似点を見つけた。
Özbek dostlarımızla Tatar mutfağından örnekleri incelerken. Mutfaklarımız çok benziyor. 

IMG_1899

アンゴラ大使と一緒に
Angola elçiliğinden ziyaretçiyle.

IMG_1904

ブルガリア大使と一緒に
Bulgaristan elçiliğinden dostumuzla.

IMG_1909

トルコとブルガリアからの留学生と
Türkiye ve Bulgaristan'dan öğrencilerle.

IMG_1898
お客様にタタール料理のペレメッチ、ウチポシマック、ボッケン、チャクチャクの試食を差し上げた。
Misafirlere Tatar mutfağından pärämäç, öçpoçmaq, bökkän ve çäk-çäk ikram edildi.

Uluslararası Türk Akademisi (TWESCO) Аstana’da kardeş Tatar halkının ünlü din adamı, yazar ve siyasetçisi Abdureşit İbrahim’e ithafen Türk Dünyasında Şahsiyetler Emaneti 1: Abdureşit İbrahim temalı seminer düzenledi.
Türk uyanış hareketinin öncülerinden olan A. İbrahim’in 160.doğum yıldönümü hatırasına düzenlenen semineri Japonya’nın tanınmış bilim adamı, Türkolog Profesör Hisao Komatsu verdi. 
Akademi’nin daveti üzerine Japonya’dan gelen Profesör Komatsu katılımcıların sorularını cevaplandırdı.
D. Kıdırali etkinlik sonunda Japon bilim adamına kapsamlı bilgilerle dolu seminer için teşekkür ederek Türklük bilimine yaptığı büyük katkılarından dolayı TWESCO’nun Teşekkür Belgesini takdim etti.


Xalıqara Törki Dönya akademiyase (TWESCO), "Törki dönyada şäxeslär mirası” teması buyınça  tatar xalqınıñ kürenekle wäkile Ğäbderräşit İbrahimğa bağışlanğan berençe seminaren Astanada ütkärde.
Seminarda, tanılğan yapon ğalim-türkolog professor Hisao Komtasu çığış yasadı.
Soñınnan Hisao Komatsu, seminarda qatnaşuçılarnıñ sorawlarına cawap birde.
Seminar axırında akademiya başlığı Darxan Qadırali, Hisao Komatsuğa eçtälekle lektsiya öçen räxmät belderde häm türkologiya  öyränü üseşenä öleş kertkän öçen TWESCO maqtaw gramotası belän büläkläde.


The International Turkic Academy (TWESCO) held a scientific seminar dedicated to the outstanding figure of Tatar people Abdurashit Ibrahim titled "The heritage of the outstanding figures of the Turkic World-1: Abdurashit Ibrahim".
At the meeting dedicated to the 160th anniversary of A.Ibrahim’s birth, famous scholar of Japan, turkologist, Professor Hisao Komatsu gave a lecture in Turkish language. 
Moreover, Prof. Komatsu, who was invited specially from Japan by the Academy, answered questions of the participants.
At the end of the seminar, D. Kydyrali thanked the Japanese scientist for his substantive lecture and presented him TWESCO’s Certificate of Appreciation “For contribution to the development of Central Asian and Turkic Studies”. 

http://twesco.org/tr/news/akademiya_provela_pervyy_seminar/?lang=tr 


45


41

39

外務省は、カザフスタンなど中央アジア5か国との関係強化に向けて、26日から各国の映画の上映や大使館の公開などのイベントを行う予定で、経済分野だけでなく、草の根レベルでの交流も併せて進め、国連安保理の改革などで協力を得たい考えです。
カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、キルギス、それにタジキスタンの中央アジア5か国は、安倍総理大臣が去年10月に歴訪し、各国首脳との会談で、日本企業の進出など経済分野をはじめ、さまざまな分野での関係強化を図っていく考えを伝えました。
これを受けて外務省は、草の根レベルでの交流も併せて進めていく必要があるとして、26日から中央アジア各国で製作された映画を上映する映画祭を開くほか、今月30日には東京にある各国の大使館を一般公開するなど交流イベントを初めて開催することにしています。
外務省は、日本と中央アジア5か国の外相会合を来年3月までにトルクメニスタンで開催できるよう調整を進めていて、さまざまなレベルでの交流を重ねることで、各国との関係を強化し、日本の常任理事国入りも含めた国連安保理改革などで協力を得たい考えです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160925/k10010706171000.html 

news_14808


http://tat-inform-aqbars.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html

私の名前はベルナルド・モノトです。66歳です。今はスペインのバレンシアに住んでいます。母語はフランス語とブレトン語です。それ以外に英語、トルコ語、アラビア語、ギリシャ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、セルビア語、ドイツ語、タタール語ができます。2013年にANA TELEオンラインスクールでタタール語を学び始めました。

Minem isemem - Bernard Monot. Miña 66 yäş. Xäzer, İspaniyaneñ Valensiya şähärendä yäşim. Tuğan telem frantsuz häm breton telläre. Monnan tış, ingliz, törek, ğaräp, grek, ispan, portugal, italyan, serb, alman, tatar tellären beläm. 2013 yılda ''Ana Tele'' online mäktäbe aşa tatar telen öyränä başladım.

http://matbugat.ru/news/?id=14808 

まず、自分の人生について話したいと思います。私はもう定年退職しました。長年フランスの外務省でコンサルタントとして働きました。私はフランスのブリターニュ地方のブレスト(フランス軍の軍港)で生まれ、少年時代をそこで過ごしました。学校では数学と物理が好きでした。祖父も父もフランス海軍で将校として働きました。彼らは私も将校になることを望んでいました。ですから私は船やボート、海や長期旅行にはいつも興味がありました。学校を卒業して、パリのENSAEという国立統計・行政経済学院に入学しました。そこでは英語で学びました。ドイツ語も勉強しました。スペイン語はギムナジウムで覚えました。高等教育を終えると、人生をパリで過ごしたいとは思いませんでした。大きな海を見たり、他の民族の人たちと知り合い、話したいと思いました。これは、私が港のある街(ブレスト、ロリアン)に住んでいることで説明できます。そこには外国から商船や軍艦が来ていました。ギリシャの水夫と話して、ギリシャ語を覚えました。
 
Başta üzemneñ tormışım turında söyläp ütäsem kilä. Xäzer min layıqlı yalda. Ozaq yıllar Frantsiyaneñ Tışqı Eşlär Ministrlığında kiñäşçe bulıp eşlädem. Üzem Frantsiyaneñ Bretan töbägendä urnaşqan Brest şähärendä (Frantsuz xärbi portı) tuğanmın, balaçağım da şunda ütte. Mäktäptä uqığanda, matematika häm fizika belän qızıqsındım. Babalarım da, ätiyem dä frantsuz xärbi diñgez flotında ofitser bulıp xezmät itkännär. Minem dä ofitser buluwımnı telägännär. Şuña kürä korab häm köymälär, okean häm ozın säyäxätlär mindä härwaqıt qızıqsınu uyattı. Mäktäpne tämamlağaç, Parijda ENSAE isemle Statistika häm iqtisadıy idarä milli yuğarı mäktäbenä uqırğa kerdem. Anda ingliz telendä belem aldım häm almança da öyrändem. İspan telen isä, gimnaziyadä üzläştergän idem. Yuğarı belem alğaç, tormışımnı Parij belän bäylisem kilmäde. Zur okeannarnı küräsem häm başqa millätlär belän tanışasım, aralaşasım kilde. Monı diñgez portları bulğan şähärlärdä (Brest, Loriant) yäşäwem belän añlatıp bula. Anda çit illärdän säwdä häm xärbi korablar kilä ide. Grek diñgezçeläre belän aralaşıp, grek telen öyrändem.

1968-69年にロリアンでポルトガルのために四隻の潜水艦が作られました。そこで働く部隊のある将校と知り合い、ポルトガル語を覚えました。その後彼は私をポルトガルに招待しました。ユーゴスラビアには良く旅行に行き、何回か国際青年キャンプに行きました。ですからセルビア語も分かります。その後パリの国立東洋言語文化研究所でトルコ語を学びました。その後フランス外務省の東洋部に就職し、私は外交官になりました。38年間フランスの外交に携わりました。その間、様々な国のフランス大使館で働きました。

 1968-1969 yıllarda Loriant şähärendä Portugaliya öçen dürt su astı köymäse tözelde. Şunda eşläwçe komandadan ber ofitser belän tanışıp, portugal telen öyrändem, soñraq ul mine Portugaliyagä qunaqqa çaqırdı. Yugoslaviyadä yış säyäxät ittem, berniçä tapqır xalıqara yäşlär lagerenda bulırğa turı kilde, şuña kürä serbça beläm. Soñraq Parijdağı Şärıq telläre häm mädäniyätläre milli institutında törek telen öyrändem. Şunnan soñ Frantsiyaneñ Tışqı Eşlär Ministrlığına Könçığış bülekkä eşkä aldılar häm min diplomat buldım. 38 yıl ğomeremne frantsuz diplomatiyasenä bağışladım. Şul yıllarda Frantsiyaneñ törle illärdäge ilçeleklärendä eşlärgä turı kilde.
 
トルコ語以外に、他のチュルク諸語が勉強したくなりました。ホンジュラスに住んでいるとき、ダナ・ズィナシェヴァというカザフ人女性と知り合いました。彼女は私に、もう一つチュルク語を学ぶことを勧めましたが、トルコ語はカザフ語、タタール語、バシキール語より簡単だと言いました。2013年に私はタタール語を勉強することにしました。しかし本が全くありません。まず露仏辞典を買いました(ロシア語はできません)。ネットのサイトはみんなロシア語です。

Törek telennän tış, başqa törki tellär dä öyränäsem kilde. Gondurasta yäşägändä, Dana Ziyaşeva digän qazax xanımı belän tanıştım. Ul miña tağın ber törki tel öyränergä kiñäş itte, ämma törek tele, qazax, tatar, başqort tellärenä qarağanda ciñelräk dip äytte. 2013 yılda tatar telen öyränä başlarğa buldım. Ämma bernindi kitap yuq. Başta rusça-frantsuzça süzlek satıp aldım (rusça belmim), ä internet saytları barısı da rusça.

「Татарча өйрә­нә­без!(タタール語を学ぼう!)」や「Мин татарча сөй­ләшәм(私はタタール語を話します)」というオンライン番組を見て、多くの単語を学びました。同時に、「Tatarisch Wort für Wort” (Kau­der­welsch Band 149)」というドイツ語で書かれたラテン文字タタール語の本や、サビロフの「Самоучитель татарского языка」という本を使いました。ТНВ-Планетаチャンネルのタタール語学習番組を楽しんで見ています。

 ''Tatarça öyränäbez'', ''Min tatarça söyläşäm'' isemle online tapşırularnı qarap, küp süzlär öyrändem. Ber ük waqıtta Kauderwelsch ''Tatarisch Wort für Wort'' isemle alman telendä latin grafikasında çıqqan xezmättän, R. Sabirovnıñ  ''Самоучитель татарского языка'' isemle kitabınnan da faydalandım. ''TNV-Planeta'' kanalındağı tatar telen öyränügä bağışlanğan tapşırularnı qızıqsınıp qarap baram.
 
ANA TELEオンラインスクールについて知り、登録しました。今もそこでタタール語の勉強を続けています。ANA TELEオンラインスクールの授業はとても面白く、楽しいです。そのスクールのおかげで多くのことを学びました。タタールスタンの歴史、経済、都市、自然についてとても多くの情報を得ました。言語を学ぶことを通してタタールの人々についても知りました。特に民族の祭りであるサバントゥイ、タタールの文化、芸術、習慣などについてです。私は特に会話の授業が好きです。それは言語の学習のために欠かせないものです。オンラインスクールの9つのレベルを終えましたが、会話の授業は続けています。時間があるときはネットでВатаным Татарстан紙も読んでいます。

''Ana Tele'' online mäktäbe turında mäğlümät belän tanışqaç, anda terkeldem häm xäzerge waqıtta tatar telen öyränüwemne däwam itäm. ''Ana Tele' online mäktäbe däresläre bik qızıqlı häm canlı ütä. Anıñ yärdämendä küp närsä beldem. Tatarstan tarixı, iqtisadı, şähärläre, tabiğate turında bik küp mäğlümät aldım. Tel öyränü aşa tatar xalqı xaqında da beldem. Bigräk tä milli bäyräm Saban tuyı, tatar xalqınıñ mädäniyäte, sänğate, ğadätläre häm başqalar (h.b.) turında. Miña ayıruça aralaşu däresläre bik oşıy. Alar tel öyränüçelär öçen bik kiräk. Online mäktäptäge 9 däräcäne ütep çıqtım, ämma aralaşu däreslärendä qatnaşuwımnı däwam itteräm. Waqıt bulğanda  internettan ''Watanım Tatarstan'' gazetasın da uqıym.


  

第24回 国際交流IN せたがや 2016
主催:創立30周年 世田谷海外研修者の会
共催:(公財)せたがや文化財団生活工房
協力:駐日大使館
各国ブース アトラクション お茶席 和紙工芸 折り紙 風船 着物 他
昨年の交流会の様子

☆ 日 時 平成28年2月20日(土)(受付 12:30〜13:00〜16:00)
☆ 会 場 世田谷文化生活センター 生活工房(キャロットタワー4F)

           〒154ー0004 東京都世田谷区太子堂4−1−1
☆ 参加費 1000円 中学生以上(スナック&ドリンク付)
☆ お問合せ 及び 申し込み
   田中 智恵子 TEL(03-3422-4406)
   津森 幸枝 TEL FAX(03−3324−1408)
    e−mail      ginzasen@tkg.att.ne.jp
☆ 地下駐車場あり(300円/30分)


スキャン 12
IMG_2918
IMG_1245
IMG_2913
IMG_2909
IMG_1224
スキャン 6
スキャン 7


 

↑このページのトップヘ