カテゴリ: ウズベクÖzbek

大韓民国の首都ソウルの東大門(トンデムン)エリアにある通称「中央アジア村」を訪れてみた。
カザフスタン、ウズベキスタン、キルギスの輸送業者、レストラン、化粧品や衣料品の卸業者などで形成されている通りは中央アジアの雰囲気を感じることができる。「サマルカンド」ウズベクレストランのような様々なレストランで豊富な種類の料理を提供している。
是非行ってみてください。
Seul'da Kazakistan,Özbekistan,Kırgızistan nakliyet şirketleri, restoranlar, kozmetik ve tekstil giyim toptancı dükkanlarından oluşan mahallede Orta Asya havasını hissedebiliyorsun. 
''Samarkand'' Özbek lokantası gibi diğer lokantalar da zengin yemek çeşidi sunmaktadır.
13913952_1633048906985995_5562278310126257341_o
13923555_1633048866985999_8907442414561162896_o
13935143_1633048983652654_8527505328267989814_n
13898536_1022991977816427_203978872_o
13735003_1633048796986006_1618114445557264352_o

13923525_1633191753638377_2823221699646762044_o



【エルメロシ舞踏団公演のお知らせ】ウズベキスタン独立24周年記念イベントとしてウズベキスタン大使館が主催で、エル・メロシ音楽劇場によるウズベク音楽と舞踏コンサートが開催されます。秋の夜長に是非ご参加下さいませ!
独立24周年記念 ウズベキスタン・ウィーク・イン・ジャパン
日時: 9月28日(月) 開場: 18:30 / 開演: 19:00 / 終演予定: 20:30
入場料: 無料
定員400名収容出来るホールですので、ご家族、友人・知人お誘いの上お出で下さい!!
主催: 駐日ウズベキスタン共和国大使館 協力: 港区国際交流協会・日本ウズベキスタン協会
会場: 港区区民センターホール(地下鉄 赤坂見付駅または青山一丁目駅下車 徒歩10分 東宮御所前)
http://www.akasaka-civiccenter.jp/shisetsu/access.html12039590_1670406489863080_7004756960469961261_n


ウズベク料理の店も見つけました、その名も「UCHKUDUK」で、ウズベキスタン・ナヴァーイー州の都市の名前。
ウズベキスタンの歌手グループヤッラはこの街の出身であり、「ウチュクドゥク」という名の曲を歌ってCIS諸国で人気を博した。

IMG_4132[1]

10312533_1593233897580340_4811594250163388482_n
日本ウズベキスタン協会 The Japan-Uzbekistan Association より
【「ナウルーズ・イン・ジャパン」開催!! 】
ウズベキスタンでは、新しい年の始まりを、3月21日(春分の日)として「ナウルーズ(新しい日)」と呼び、「春が来た!」ことを祝います。今年はウズベキスタン大使館が行う「お祭り」に当協会も後援し協力していますので、是非ご来場下さい。
日時: 3月22日(日) 18:20開場, 18:45開演 (20:20終演予定)
会場: 赤坂区民センターホール(地下鉄赤坂見付駅又は青山一丁目駅から下車徒歩10分)
内容:「シルクロード・ダンス・アンサンブル」によるウズベクダンス、「フドホフラサ(神の御心のままに)」によるドゥタール演奏、ウズベク留学生による詩の朗読など
参加費: 当日1,500円(事前申し込み1,000円), 学生・高校生500円(中学生以下無料)
申込:「氏名、連絡先電話番号及び会員・一般・学生の種別」を明記し、メール(jp-uzbeku@nifty.com)又はFAX(03-3593-1406)にて事務局宛にお申し込み下さい。
申込締切: 3月20日(金)

 
 36

Özbekistan

ウズベキスタン

Tarihi Buhara,Semerkant, Hiva ve Taşkent ile Özbekistan’da Kutlu Yürüyüşün izlerini süreceğiz.

歴史的なブハラ、サマルカンド、ヒバとタシケントでウズベキスタンの幸運な歩行の足跡を辿りましょう。

Kubbeleri gök maviye boyanmış medreseleri, ulu çınarlar gibi uzanan minareleri,

円形屋根を真っ青に塗った神学校、大きな柳の木のように伸びたミナレット

Gönlümüzü ilmek ilmek dokuyan türbeleri ile bir masal ülkesine gelmiş gibiyiz.

私たちの心を刺繍のように縫う陵墓で、まるで物語の国に来た様である。

Kutlu yürüyüş,inanç ve mana iklimizin neşet olduğu toprakların üzerinde kurulu Özbekistan’da.

幸運な歩行は、信心と意味深い季節の源泉である大地の上で築かれた ウズベキスタンで

Amu derya, Siri derya nehirlerin birleştiği Maveraünnehir havzasında bulunan Özbekistan.

アムダルヤ、シルダルヤ川が合流するトランスオクシアナ盆地に位置するウズベキスタン。

447,000㎢ yüzölçümü,30 milyonu aşkın nüfusuyla Orta Asyanın merkezi durumunda.

44万5千平方キロメートルの面積、3,000万を超す人口で中央アジアの中心である。

Bir-birinden değerli tarihi kentleri ile ipek yolunu kontrol altında tutmak isteyen kavimlerin iştahını kabartan bu topraklar.

それぞれが、価値のある歴史的な都市でシルクロードを支配することを欲した部族の欲望を増大させたこの大地。

Uzunca bir dönem dünya hakimiyeti kurma hedefindeki devletlerin bilek güreşine tanıklık etti.

長い期間世界の覇権を守る目標である国々の腕相撲の証人となった。

Örneğin elimizde Türk kaanlarının ipek rülolar, İstanbula,Bizansa kadar götürüp satmalar için Soğd tüccarlar para verdiklerini gösteren Bizans metinleri var.

例えば、私たちの手には、テュルクの王様が絹反物をイスタンブールへ、ビザンツへまで運んで売るためにソグド商人がお金を与えた事を示すビザンツの文章がある。

İki yüzyıl boyunca bir yanda Türk imparatorluğu iktidari ile diğer yanda ipek yolu denen büyük ticaret ağı içinde.

2世紀を通して、一方ではトルコ帝国の政権ともう一方でシルクロードと呼ばれた大きな商業ネットワークの中で

Buhara’dan Semerkant’tan ,ve Taşkent’ten Soğd tüccar arasında çok sıkı bir ortaklık vardı.

ブハラからサマルカンドからタシケントからソグド商人の間で緊密な共通点があった。

Gerçekten de bu ortaklıkta temel olan merkezinde olan fenomen,Türk Politik iktidar ile Soğd tüccarlar arasındaki gümrüksüz ticari ortaklıktı.

本当に、この共通点の基礎的な中心である事象は、テュルク政治政権とソグド商人との間での無関税貿易という共通点であった。

Bu da Bizansa kadar Türk büyükelçilerin gidişini, Çinle Türk imparatorluğu arasındaki ilk büyükelçi değişimini 

これはビザンツにまでテュルク大使が通行と、中国とテュルク帝国の間で初めて大使の交換である。

ve alışverişin ,Soğd tüccarlar tarafından sağlanmasını

また、商売はソグド商人により保証されていた

ve Türklerin ipek ticaretin ötesinde büyükelçi olarak Soğd tüccarlar tarafından temsil edilmesini açıklamaktadır.

そして、テュルクの絹貿易の一方には、大使としてソグド商人により代表されたことを説明することができる。

15 yüzyılından sonra ,Türk dünyasında büyük devletlerin irili-ufaklı Hanlıklara dönüşmesinin en etkili nedeni ise ipek yolunun zayıflamasıydı.

15世紀以降トルコ世界に教えて、大きな国家が大小様々のハン国へ変化した事の最もインパクトある原因といえば、シルクロードの弱体化であった。

Türk dünyasının kopusunun  bir başlangıcı ipek yolunun zayıflamasıdır. 

テュルク世界分断の一つの始まりはシルクロードの弱体化である。

Tabi, baharat yolu, ipek yolu, özellikle Çin’den başlayıp bütün Orta Asya üzerinden Anadoluyu geçip Avrupa’ya giden İpek Yolu.

もちろ、香辛料の道、絹の道、特に中国から始まり全ての中央アジアを通り、アナトリアを通り、欧州まで行く、シルクロード

Yeni keşf yollarının bulunmasıyla ,deniz yollarının açılmasıyla birlikte

新しく発見された道の登場で、海の道がひらけたことと同時に

Sekteye uğramakla birlikte, Orta Asyadaki Hanlıkların ekonomik olarak zor durumda bıraktı.

破産に遭うと同時に、中央アジアのハン国が経済的に苦境に陥った。

Şehirler boşaldı, tüccarlar fakirleşti.

都市は空っぽになった、商人たちは困窮した

Halklar da yaşam için şehirleri boşaltarak yeni yerleşim alanlarını göçmeye başladı.

人民も生活のために都市から逃げて、新しい居住地となるところへ移住を始めた。

Bu Orta Asyadaki eski şehirlerin bozulmasına ve devletler arasındaki ülkeler arasındaki o dönemdeki büyük coğrafyaya yayılmış olan Türk ülkeler arasındaki kopmanın da bir başlangıcı oldu.

この中央アジアの古い都市の破壊と国の間にある、国の間にあるその時代の大きな地理へ広がったテュルクの国々の分断の一つの始まりとなった。

Bilek güreşinin ikinci nedeni ise, Semerkant ve Buhara başlı olmak üzere,

腕相撲の2つ目の原因といえば、サマルカンドとブハラが代表例となるが、

Var olan medreselerin Türk dünyası ile İslam alemi için fikri ve ilmi gelişmenin kaynağı olması.

存在するマドラサがテュルク世界とイスラム世界のために哲学と科学の発展の源泉となること。

↑このページのトップヘ