カテゴリ: Turkbodn

Uluslararası Türk Akademisi (TWESCO) Аstana’da kardeş Tatar halkının ünlü din adamı, yazar ve siyasetçisi Abdureşit İbrahim’e ithafen Türk Dünyasında Şahsiyetler Emaneti 1: Abdureşit İbrahim temalı seminer düzenledi.
Türk uyanış hareketinin öncülerinden olan A. İbrahim’in 160.doğum yıldönümü hatırasına düzenlenen semineri Japonya’nın tanınmış bilim adamı, Türkolog Profesör Hisao Komatsu verdi. 
Akademi’nin daveti üzerine Japonya’dan gelen Profesör Komatsu katılımcıların sorularını cevaplandırdı.
D. Kıdırali etkinlik sonunda Japon bilim adamına kapsamlı bilgilerle dolu seminer için teşekkür ederek Türklük bilimine yaptığı büyük katkılarından dolayı TWESCO’nun Teşekkür Belgesini takdim etti.


Xalıqara Törki Dönya akademiyase (TWESCO), "Törki dönyada şäxeslär mirası” teması buyınça  tatar xalqınıñ kürenekle wäkile Ğäbderräşit İbrahimğa bağışlanğan berençe seminaren Astanada ütkärde.
Seminarda, tanılğan yapon ğalim-türkolog professor Hisao Komtasu çığış yasadı.
Soñınnan Hisao Komatsu, seminarda qatnaşuçılarnıñ sorawlarına cawap birde.
Seminar axırında akademiya başlığı Darxan Qadırali, Hisao Komatsuğa eçtälekle lektsiya öçen räxmät belderde häm türkologiya  öyränü üseşenä öleş kertkän öçen TWESCO maqtaw gramotası belän büläkläde.


The International Turkic Academy (TWESCO) held a scientific seminar dedicated to the outstanding figure of Tatar people Abdurashit Ibrahim titled "The heritage of the outstanding figures of the Turkic World-1: Abdurashit Ibrahim".
At the meeting dedicated to the 160th anniversary of A.Ibrahim’s birth, famous scholar of Japan, turkologist, Professor Hisao Komatsu gave a lecture in Turkish language. 
Moreover, Prof. Komatsu, who was invited specially from Japan by the Academy, answered questions of the participants.
At the end of the seminar, D. Kydyrali thanked the Japanese scientist for his substantive lecture and presented him TWESCO’s Certificate of Appreciation “For contribution to the development of Central Asian and Turkic Studies”. 

http://twesco.org/tr/news/akademiya_provela_pervyy_seminar/?lang=tr 


45


41

39

外務省は、カザフスタンなど中央アジア5か国との関係強化に向けて、26日から各国の映画の上映や大使館の公開などのイベントを行う予定で、経済分野だけでなく、草の根レベルでの交流も併せて進め、国連安保理の改革などで協力を得たい考えです。
カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、キルギス、それにタジキスタンの中央アジア5か国は、安倍総理大臣が去年10月に歴訪し、各国首脳との会談で、日本企業の進出など経済分野をはじめ、さまざまな分野での関係強化を図っていく考えを伝えました。
これを受けて外務省は、草の根レベルでの交流も併せて進めていく必要があるとして、26日から中央アジア各国で製作された映画を上映する映画祭を開くほか、今月30日には東京にある各国の大使館を一般公開するなど交流イベントを初めて開催することにしています。
外務省は、日本と中央アジア5か国の外相会合を来年3月までにトルクメニスタンで開催できるよう調整を進めていて、さまざまなレベルでの交流を重ねることで、各国との関係を強化し、日本の常任理事国入りも含めた国連安保理改革などで協力を得たい考えです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160925/k10010706171000.html 

中央アジア専攻主催 中央アジア研究セミナー
2016-6-23(木)14:00-18:00開催

このたび国際交流基金主催の中央アジア・シンポジウム「ひもとく、つなぐ~中央アジアの文化遺産」が6月22日に開催されます。その詳細はこちら別ウインドウで開きますをご覧ください。
このシンポジウムには中央アジア5カ国から、下記のように10名の専門家が参加されます。そこで、この機会に中央アジアの専門家と日本の中央アジア史研究者との交流を深める趣旨から、シンポジウム翌日の6月23日、本学において中央アジア研究セミナーを開催することになりました。

中央アジアからのゲスト:
Khankeldy Abzhanov(カザフスタン歴史民族学研究所長)
Bakyt Amanbaeva(キルギス科学アカデミー歴史・文化遺産研究所文化遺産課長)
Bakhtiyar Babadjanov(ウズベキスタン:国立東洋学大学・アル=ビールーニー東洋写本研究センター首席研究員)
Saidmurod Bobomulloev(タジキスタン科学アカデミー歴史・考古・民族研究所 考古学部長)
Lola Dodkhudoeva(タジキスタン科学アカデミー言語学・文学・東洋学・文字資料研究所主任研究員)
Abdigany Erkebaev(キルギス科学アカデミー総裁)
Djangar Ilyasov(ウズベキスタン芸術研究所主任研究員)
Gyzylgul Kyyasova(トルクメニスタン科学アカデミー言語文学研究所長)
Muhametdurdy Mamedov(トルクメニスタン歴史文化記念物保護研究修復局長)
Ashirbek Muminov(カザフスタン:ユーラシア国立大学教授)

日時 2016年6月23日(木)14:00-18:00
会場 東京外国語大学本部棟2階 中会議室
プログラム 14:00~14:10 開会挨拶
立石博高(東京外国語大学学長)
柄 博子(国際交流基金理事)

14:10~14:20 趣旨説明:小松久男(東京外国語大学特任教授)

14:20~14:40 
報告1:野田仁(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)
Казахская степь и русско-цинские отношения в XVIII-XIX вв.
「18-19世紀における露清関係とカザフ草原」

14:40~15:00
報告2:河原弥生(東京外国語大学非常勤講師)
К изучению документов из частных архивов по истории исмаилитов в Бадахшане
「バダフシャンにおけるイスマーイール派の歴史に関する個人アルヒーフ文書の研究」

15:00~15:20
報告3:秋山徹(早稲田大学イスラーム地域研究機構次席研究員)
「方法としてのクルグズ:中央アジア近代史の動態的再構成に向けて」
Кыргызы как способ для динамической реконструкции новой истории Средней Азии

15:20~15:50 コーヒーブレーク

15:50~16:10
報告4:塩谷哲史(筑波大学人文社会系助教)
Новый горизонт к изучению истории Средней Азии: Взгляд из ландшафта Канала Лаузан
「中央アジア史研究の新たな地平―ラウザーン運河からの眺め」

16:10~16:30 
報告5:濱本真実(東京外国語大学非常勤講師)
Экономические и культурные действия татарских купцов в Шелковом пути нового времени (вторая половина XVIII - начало XX вв.)
「近代のシルクロードにおけるタタール商人の経済・文化的な活動:18世紀後半―20世紀初頭」

16:30~17:10 報告6:Diliara M. Usmanova (カザン連邦大学教授)
Журнал "Яңа Япон мохбире" в системе татарской эмигрантской прессы Дальнего Востока в 1930-х гг.
「1930年代極東のタタール人亡命者の定期刊行物における雑誌『新日本通報』」

17:10~17:40 自由討論
その他 事前登録不要。
なお、席数には限りがありますので、あらかじめご了承ください。
主催 東京外国語大学 中央アジア専攻
問い合わせ先 小松久男研究室(042-330-5292)

http://www.tufs.ac.jp/event/general/post_777.html 

160609_1

Çam süslemek Türk adetidir - "Narduğan".

http://www.bilinmeyenturktarihi.com/cam-suslemek-turk-adetidir-nardugan.html

【コンサート】
中央アジアの音楽4 ~カザフ・クルグズ・トゥバ
出 演
イナーラ・セリクパエバ (カザフスタン)
ウメトバエワ・カリマン (クルグズ)
高橋直己 (カザフスタン)
寺田亮平 (トゥバ)
  ・・・ほか調整中!

日 時
2015年11月28日(土)

18時00分開場 18時30分開演 

21時頃終演予定 

チケット
予約:2800円 (100席限定)
当日:3300円(予約で100席満席の場合当日券なし)                         
学割 予約2300円/当日2800円(予約・当日とも受付で学生証掲示)
チャイルド割 15歳までのお子様半額(予約1400円/当日1700円)

予約ご希望の方は
chuuou.asia@gmail.com  まで
お名前、予約人数(お連れ様のお名前)、連絡先
をご記入のうえメールにてお知らせください。ご予約の方優先でご入場できます。
(窓口は会場の驢馬駱駝様ではなくこちらの メールになります。質問などもこちらへお願いします。)

お電話ご希望の方は070-6655-4479(寺田)まで。出れない場合折り返しご連絡いたします。

会 場
驢馬駱駝 ろまらくだ
東京都中野区東中野2-25-6 PAO 9F
http://www.paoco.jp/roma/

出店 
東京農工大学ウズベキスタンプロジェクト
ほか調整中!

〈主催〉コンサート「中央アジアの音楽」実行委員会 連絡先:070-6655-4479(寺田)
a0213796_1252040
a0213796_12523052
 

↑このページのトップヘ